2011年07月14日

消え行く昭和の歴史的建物たち ~同潤会アパート~


先日東京の表参道にある表参道ヒルズを訪れました。

この建物は

商業施設、住宅施設、及び駐車場

からなる複合施設で、2006年に開業しました。

安藤忠雄氏の設計による現時の建物PICT0043_20071111183933.jpg


実はこの建物表参道ヒルズは

同潤会青山アパートを取り壊した跡に建設されました。

同潤会青山アパートは1927年(昭和2年)に竣工し、

築年数80年を経過していました。

国内外からの義捐金を基金とし

大正13年に設立された同潤会。


建設して間もない青山同潤会アパートAoyama_Dojunkai_Apartment_building.JPG

国内初の火災に強い安全なコンクリート造の住居として

東京に13ヵ所、横浜に2ヵ所建設されました。

ブティックなどが入居し

表参道のケヤキ並木とも調和して、

特に青山アパートは、

その存在感の大きさと街並みとの調和から

多くの人々から愛されてきた建物です。


在りし日の青山同潤会アパート在りし日の青山同潤会アパート.jpg

建築様式は戦後日本の近代建築に

多大な影響をもたらした近代建築の4大巨匠の一人

「ル・コルビジェ」に強く影響を受けた建築家達の手によるもの。

いうなれば

日本人の復興の歴史を見つめてきた

大切な昭和の文化遺産ともいえる建物。


夕暮れ時の表参道(当時)在りし日の青山同潤会アパート夕暮れ.jpg



残念ながら

昨年6月の状況で

残っている同潤会アパートは上野下アパートのみで、

いま建替えが検討されているそうです。


先人たちの功績の上にいまの豊かさがあること。


「欧米の建築家であれば、きっと設備や耐震性・機能性は最先端に刷新、

しかしデザインは限りなく忠実に在りし日の同潤会のスタイル再現

したことでしょう。」

ある米国建築家が漏らした一言。


新しいデザインも必要ですが、自分たちの文化として残されてきた

建物を愛着をもって次の世代に受け継ぐ責任を建築は持っています。


成熟した日本で、いま建築家としての資質が問われています。

わずか一部分だけ当時のデザインが再現された(手前。奥は表参道ヒルズ)IMG_0028.jpg

再現された建物内の小さなギャラリー入口IMG_0024.jpg



posted by サンクレストホームズ at 11:48 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

米国の庭の設計手法  〜お庭のシリーズ第5弾〜

☆☆  米国流!お庭の設計手法  ☆☆

前月号では、弊社が総合プロデュースした

ミツヤガーデンシティのお庭をご紹介しました。


今月は、その時に取り入れた庭と開発地の全体計画の手法をご紹介します♪


米国の住宅地は建売が殆んどですので、

まず土地と建物を一体として計画配置したマスタープランを作ります。


  全体のマスタープラン

A4裏面.jpg


次に完成した住宅地の10年後、20年後の風景を植栽計画に落とし込み、

分かりやすく透視図パースで表します。

この街全体のトータルデザインを決める分野を

ランドスケープデザインといい、

専門分野として確立されています。


  分譲地入口からのパース

MGC西ゲートパース (2).jpg

  分譲地全体の景観パース

A4表面.jpg


外構・植栽計画から施工図、及び具体的な樹種に至るまで、

すべてランドスケープデザイナーに任され、

所有者の希望は反映出来ません。


  各戸の外観と植栽計画

1.jpg

2.jpg




米国では、住宅地の道路から見える部分は共有部分であり、

所有者全員の共有財産という位置づけです。

戸建ての住宅でも日本のマンションのように管理費を支払い、

共有部分の管理は専門の管理業者が定期メンテナンスを行います。


住宅は環境を伴う財産であること!

だから住環境は所有者全員の責任で守るシステムが確立しています。


日本の住宅の資産価値下落を止めるカギがありそうです。





MGC西ゲートパース (2).jpg


美し街並み付き分譲地「ミツヤガーデンシティ」最終分譲中!



posted by サンクレストホームズ at 16:52 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

ラスベガス『KA』の高橋典子さんに感動!!

 前回に続き研修先はロスからラスベガスに移ります→ →


ここでは、ショービジネスの本場で

最高のエンターテイメントを観賞しようと、

オリンピックメダリスト800人を含む3,500人が在籍する

世界的にも有名なサーカス集団

「シルク・ドゥ・ソレイユ」の『KA』を観ました!!


タイトルka1l.jpg


そこで日本人で主役級を演じる

バトントワラーの「高橋典子さん」を初めて知りました。



彼女が出演する『KA』でソロを演技するのは

彼女しかいないそうです!!


高橋典子1.jpg


海外で一人頑張っている日本人の勇姿を目の当たりにして

思わず感動で涙が溢れてきました☆

躍動感ある演技に現在40歳と聞いてさらにビックリ!!


後で知ったのですが、

高橋さんはこれまでに

世界選手権に通算15回出場・7個の金メダルを獲得した

世界に名の知れたバトントワラーだったのです。



『KA』は2014年まで公演が決定しているそうです。

theatre.jpg


高橋典子さんがいつまで在籍しているか分かりませんので、

皆さんも機会があれば

世界で活躍する日本人の姿を

是非ご覧になられては・・・☆★☆


P1030231.JPG
みんな感動のクライマックスを見て舞い上がっています笑◎



posted by サンクレストホームズ at 16:51 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。